骨董品の価値と買取

アンティーク

贋作や傷物の価値とは

一口に骨董品買取の専門業者といっても、得意分野や苦手な分野があるものです。たとえば古美術品の鑑定に滅法強い業者もいれば、宝飾品を得意とする業者もいるのです。確かにプロの骨董品買取業者であるならば、一応、あらゆる分野の骨董品には精通しています。しかし、それでも各業者によって得意分野はありますので、そこは業者選びのポイントとなることは覚えておきましょう。また、骨董品に付き物の真贋ですが、もしも手持ちの骨董品が贋作だと鑑定された際には誰でも落胆します。しかし、贋作だからといって無価値であるとは限りません。古い時代に造られた贋作なら、相応の値段か付くこともあるのです。ですから自分の骨董品は贋作であるに違いないと確信していても、骨董品買取を利用する意義はあるのです。決して無価値だと決め付けないようにしましょう。また、骨董品は古い時代の物ほど保存状態に問題のある場合が多くなります。ですから極端に痛んでいたり破損しているような物では、あまり価値がなくなってしまうことがあります。たとえば、もしも痛みが少なければ数百万円するような掛け軸などでも、ボロボロの状態であれば台無しになってしまいます。ただ、忘れてはならない点は、骨董品の傷みや破損なども素人判断は良くないということです。少しくらい色褪せたり傷んでいるような古美術品でも、物によっては驚くほど高額になる場合もあります。ですから基本的には、全ての物は骨董品買取業者に鑑定してもらうべきだと言えるでしょう。